gahag-0059180485-1
男性不妊が原因で子どもが産めない女性の苦悩は計り知れないものです。女性には子どもが産める年齢が決められているので不安が伴うことでしょう。しかし、子どもが作れないことによる苦悩は女性だけでなく男性不妊の旦那さんにもあります。
自分でなければ子どもが産める
男性不妊の旦那さんに話を聞くと自分でなくて違う男性と結婚すれば子どもが産めるのに、離婚して違う男性と結婚すれば幸せになれるのではないかという苦悩を聞きます。自分ではどうすることもできない。せっかく結婚したのに自分の男性不妊で妻を幸せにできない、女性に生まれたからには一度でいいから子どもを産ませてやりたいと言います。
第三者から精子をもらう
日本では男性不妊のケースであると病院で非配偶者間人工授精を受けられます。しかし、男性不妊の旦那さんからすると他人の精子が妻の体に入ることがとても辛いことだと言います。もうこれしか選択肢がない、妻に子どもを産ませてあげたいという気持ちで葛藤するようです。日本では精子バンクが発達していないため個人の人たちが精子提供をしています。