妊娠したい、子どもが欲しい女性へ

gahag-0119333222-1

妊娠したい女性や、子どもがほしい女性へ精子を提供するというボランティアをしています。
女性が子どもを産みたい気持ち、我が子を抱きたい気持ちは何よりも代えがたいものです。

日本の病院などで行われる非配偶者間人工授精(AID)では精子提供者についての情報は血液型を除き開示されていません。


精子提供で生まれた子どもは成人しても自分の遺伝的なルーツを知ることができず苦しんでいるようです。最近では「出自を知る権利」、精子提供で生まれた子どもが自分の遺伝的なルーツを知る権利が主張され始めています。自分がどんな人間から生まれたのかということは子どものアイデンティティ構築において重要な要素であると言われています。


しかし、海外では精子提供者への医療費や子どもの養育費が請求されるということが起きています。日本においても、精子提供者を保護することができないという理由から、病院などでは精子提供者を用意することがむずかしくなり非配偶者間人工授精(AID)が行われることが少なくなりました。

男性不妊でも子どもが産みたい女性へ

いつの時代も女性が子どもを抱く姿は何よりも代えがたいものです。本来であれば結婚した男性との間で愛の結晶として生まれる子どもです。男性不妊が原因で子どもが産めない女性はとても思いつめたものを抱えているのではないでしょうか。

30代後半ともなると元気な子どもを産むことが難しくなるとともにだんだんと妊娠はしづらくなると言われています。奥さんがなるべく若いうちに精子提供を受けること検討するのがよいかもしれません。


日本では精子バンクというものがありません。精子や卵子、その他臓器などの取引は倫理上に問題があるということで売買は禁止されています。その代りに個人的に男性が精子を提供している方々がたくさんいます。一般男性が無償のボランティアで行っている精子提供を検討してみるのもいいかもしれません。ネットで男性と知り合うのはとても勇気のいることですが、一歩踏み出してみてはいかがでしょうか。


女性には子供を産むというすばらしい機能が備わっています。これは新しい命を作ることができると言い換えることができます。一度でいいから子供を産んでみたいという気持ちは何にも代えがたい尊いことなのではないでしょうか。