男性不妊の旦那さんにとっては養子を迎えることになる。
gahag-0100317750-1

精子バンクや精子提供を利用すればいい、と言うことは簡単です。しかし実際には男性不妊の旦那さんにとっては苦痛や不安が伴うと言います。自分が妻を幸せにしてあげられない、自分でなければ幸せにできるのではないか。そんなことを考えると言います。
男性不妊の旦那さんの夫婦が精子バンクを利用して子どもが生まれると、旦那さんにとっては養子を迎えることと同じことになると言います。不妊と聞くとどうしても子どもを産めない女性のことを考えがちですが、男性不妊において苦悩や不安は女性だけではありません。

アメリカなどでは日本よりも個人主義の国で家族や親族の結びつきが強くなく、養子の受け入れなども盛んにおこなわれています。しかし、日本であるとどうしても血のつながった親子が優先されて、養子を迎えるというのは一般的ではありません。日本では病院を通して精子提供を受けるときにはご夫婦に適合する血液型が選ばれると言います。これは精子提供で生まれた子どもが大きくなり両親と血液型で自分が精子提供で生まれたことを不審に思わなくするためです。

男性不妊の旦那さんは精子バンクで生まれた子どもが自分に似ていなかったどうしようか、本当に生まれてきた子どもを愛せるのかと言った不安があると言います。
海外の精子バンクでは、男性不妊が原因で子どもを授かれない夫婦が精子バンクを利用する場合は精子提供者の皮膚の色、目の色、髪の色、身長など詳細に知ることができて自分に似ていないのではないかという不安を少なくすることができるようです。精子提供を受けて子どもを授かる場合には提供者が旦那さんに似ているというのも重要なことかもしれません。
養子縁組(wikipediaより)